クロミッドジェネリックのクロミフェンという薬について

クロミッドジェネリックのクロミフェンって知っていますか?

クロミッドジェネリックのクロミフェンという薬について

不妊で悩むカップルは10組に一人の割合だと言われています。
事実私の周りでも、なかなか授からないという話をよく聞くようになりました。
自分の体に異常があるのでは?と考えて産婦人科にてみてもらう方も少なくはありません。
今はその予定がありませんが、いつか自分の身に起こるかもしれないことを考えて不妊治療について調べてみました。

産婦人科になかなか授からなことを相談すると、お薬を処方されることがあります。
それが初期の治療として一般的に行われるようです。
クロミッドやクロミドとも呼ばれる薬のことです。
これは排卵を誘発させるためのお薬です。

妊娠が成立しにくい要因の一つに、排卵がきちんと行われていないことが考えられます。
そこでお薬によりホルモン分泌を刺激し、排卵を促す効果があるのです。
そのお薬を飲んだお蔭で妊娠に至ったという話も聞いたことがあります。
指定された日に飲むだけです。

クロミッドを飲むときは医師の指導の下で服用しなくてはいけません。
妊娠を強く希望するあまり、量を多く飲む、継続服用をすることで妊娠率を下げてしまうからです。
子宮頸管には粘液があります。
そのお蔭で精子が子宮まで到達するのを助けてくれるのです。
その量が薬の影響で減少することがわかっています。
さらには子宮内膜まで薄くしてしまう危険性もあるのです。
きちんと服用方法を守らないと自分で妊娠率を下げることになってしまいます。

不妊治療はお金がかかります。
診察代と薬代だけでもかなり費用負担が大きくなります。
クロミッドのジェネリック医薬品であるクロミフェンという薬があります。
それでも同じ効果を得ることができます。
不妊治療は病気ではありませんから高額の費用がかかります。
少しでも費用負担を減らすためにはジェネリック医薬品を賢く利用できれば助かりますよね。
参考のために覚えておこうと思います。